この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

具体的な流れを知ろう

無料で会員登録ができる

ファクタリング会社のサイトにメールアドレスとパスワードを入力することで、会員登録ができます。
この時は料金が発生しないので、気軽に登録を済ませても問題ありません。
事前に登録しておくことで、いざという時にすぐ資金調達ができます。
次に名前や会社名、代表者の連絡先など細かいユーザー情報を登録していきます。
必須項目に記入がないと、クラウドファクタリングができないので注意しましょう。

代表者の本人確認を済ませたら、あとは自由にクラウドファクタリングを行ってください。
実際に資金調達をする際は、必要な書類を揃えて申し込みます。
まず1年分の財務諸表を提出し、最後に請求書を提出します。
これで申し込みの全てが完了するので、ファクタリング会社からのメッセージを待ちましょう。

手数料が安価なのがメリット

提出する書類が少ないので、クラウドファクタリングは通常のファクタリングに比べて楽ですし気軽に使えます。
通常のファクタリングは納税証明書や登記簿謄本、代表者の住民票などが必要です。
役所に取りに行く書類も多く、準備段階で時間が掛かるでしょう。
クラウドファクタリングなら決算書と請求書、口座の利用明細書だけで良いので用意する手間が掛かりません。

手続きが簡単というメリットも踏まえて、これからクラウドファクタリングを使うのか決めてください。
クラウドファクタリングは手数料が低く設定されており、通常のファクタリングだと5パーセントから20パーセントぐらいですが、クラウドファクタリングは2パーセントから9パーセントほどです。